最近見つけた面白い商品の紹介


by underwear0009

池上彰と浜田省吾のコラボレーション

池上彰と浜田省吾、一見して何の関連性もない二人ですが、彼らがコラボしたDVDはどうやら幕末以降の史伝についての内容だそうです。確かに池上彰はこれまで日本の文化(多かれ少なかれ、育った土地のものが影響してきます)に関する著書や解説をTVでしていた事も多く、そうしたジャンルの製品を出す事は了得可能となっています。しかしそれを音楽と融合させるという考え方は、さすが池上彰だと思っちゃうのは私だけでしょうか。

もともと池上彰という方は解説の巧い文化(歴史が長いほど、様々なものが育つでしょう)人というイメージですが、彼はフリーのジャーナリストとしての活躍が主です。そしてそれ以前の池上彰といえば、NHKの記者であり、彼が出演するNHKの少年番組でも彼は異彩を放っていました。

池上彰を見かけたのはその少年番組で、彼はそこでお父さん役としてさまざまなニュースの解説として出演していました。初めは特に気にならなかったのですが、池上彰の解説を聞いているうちに、彼が如何に上手な解説者であるかを知る事ができました。恐らく池上彰は少年にもわかりやすく伝えようと必死でどのような解説をすればいいかを考慮してきたのでしょう。


池上彰は少年にもわかりやすく伝えようと必死でどういった解説をすればいいかを考えてきたのでしょう。実際に池上彰の解説を聞けば、それがどのようなジャンルのものでもとても分かり易くすんなり頭に入ってきてしまう事が分かります。大人でも行政の問題は了得に苦しむ内容が多いでしょうが、そういった難しい問題も池上彰の手にかかればかみ砕かれた食しやすい解説として耳に入るのです。

池上彰が携わった番組はどれもおもしろいと感じてしまうのは、ひとえに彼の解説がとても巧い事があげられるでしょう。もし他の解説者がその番組の解説をしていても池上彰のようにすんなり頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の中に入ってくるような解説ができるかどうかは疑問です。また池上彰のような解説の巧い解説者が少ないのも、彼が有名になるきっかけの一つになっているのではないでしょうか。

そんな池上彰が浜田省吾とコラボして、史伝ものの解説をDVDで流すのですから、これも注目度は高くなるでしょう。池上彰の人物像をしることができるのもインターネットの良い所で、逆に悪い所も知る事ができれば、彼を深く知るきっかけんですね。
[PR]
by underwear0009 | 2015-08-19 15:27 | 日記